--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/11/22

学びの週末

学びの週末となりました~

金曜日は「家庭で伝えるいのちの話」という講演を聴きに。

講師はバースコーディネーターで妊娠、出産、子育て本など多数執筆されている大葉ナナコさん。

ご自身も5人のお子さんを育てながら精力的な活動をされているようです。

主な話は「子供に命の大切さをどう伝えるか」や「子供たちの性をどう守っていくか」などで、

正直うちはまだまだ先!と思ったけど、話を聞いてるうちにこういう大切な事を伝える日も

あっという間にきてしまうんだろうな~としみじみ考えさせられました。

学校に頼るのではなく、家庭で伝えていくことに意義があるんだなと。

その中で一番印象に残ったのが、「“つ”がつくまでは膝の上」という言葉でした。

9つ(9歳)まではいくらでも膝の上にのせていいんだよ、いっぱい抱きしめてあげていいんだよ、ということ。

そして10歳からは、もう半分大人なんだそうです。

うーん、なるほど

そして日曜日は「ヨーガのちからで」というキッズヨガの講習会に参加してきました。

講師はずっとお会いしたかった伊藤華野さん。

短大の専任講師であり臨床心理士、ヨーガ療法士であり保育士という多才な方です。

「子供が抱える体と心の問題」や「子供のヨーガができること」などなど、知りたい内容てんこ盛りでした。

そして先生の歌がとても良い!やっぱり歌とストーリーは必要不可欠なんだと改めて思いましたね~

実際の親子を招いてのライブ講座は、一連の流れを試すことができました。

自分たちも子供に還って、円になって手を繋いで。

子供系の講習やワークショップって本当に楽しいんです

ヘンな緊張や堅苦しさがないから。

そこは何が起こるか解らない世界、何が起こってもいい世界、子供の世界だから。

またひとつ学びを頂きました

学んだことを実践していく!

これがなかなか難しいんですがね・・・がんばろーっと

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。