2011/06/12

子育てとエゴ

先日、娘と一緒に毎月恒例のイベントに参加しました。

いつもの山歩き。

張り切って出発したはいいけど、予想通り途中で「もう歩けない~」に。

毎回このありさま。

今回で5回目、さすがに私も「今日は抱っこしないよ!」と言い切りました。

私の固い決意に、今日は抱っこしてもらえないと理解した娘は

鼻水垂らして泣きじゃくりながらも、少しずつ少しずつ歩いて、ようやく頂上へ。

本当によく頑張ったよー

娘は山登りとか、たくさん歩くことがちょっと苦手。

すぐに「抱っこ!」や、最近はめっきり賢くなって「今日ベビーカー持っていく?」と事前に聞いてきたりします…

私としては、せっかく自然豊かなところに住んでるんだから

たくさん歩いて、たくさん自然に触れてほしい!と思っています。

だけどこれって親のエゴなのだろうか?と最近よく考えてしまいます。

子供にはこう育ってほしいという願い(思い)は親だったら必ずあると思うのだけど、

結局、自己を押し付けているだけなのかなぁと。

しかし、エゴって人間が生きていく上で必要なものでエゴのない人なんていない、と教わりました。

だけど過剰なのも良くない。

このボーダーラインがなかなか難しい。

今回の山歩きでも「抱っこしない」と言いつつも、正直自分の中に葛藤がありました。

まだ小さいのに可愛そう、と言う人もいるかもしれない。

でも頂上まで登り切って、帰り道は堂々と誇らしげな顔で戻ってきた娘を見ると

ああ、これで良かったのかな。。。と思えました。

結局答えは見つからないし、そもそも答えなんてないのだけど

yoga的思想をフルに活用すれば、子育てはもっと楽しめるんじゃないかな~そんな気がしました。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。